2018年KDE研究室の公表論文リスト




学術雑誌論文

  1. 上田紗希,山口祐人,北川博之,
    "バンディットアルゴリズムを用いた特定地域から発信されたツイートの収集",
    日本データベース学会和文論文誌 , Vol.16, Article No.9, 2018年3月.
  2. 長裕敏,塩川浩昭,北川博之,
    "ストリーム処理とバッチ処理の統合と実行最適化",
    日本データベース学会和文論文誌 , Vol.16, Article No.11, 2018年3月.
  3. Yuyang Dong, Hanxiong Chen, Kazutaka Furuse, Hiroyuki Kitagawa,
    "Efficient Methods for Aggregate Reverse Rank Queries",
    IEICE Transactions on Information and Systems , 101 (4), 1012-1020, 2018.
  4. Yuta Kusamura, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa, Yusuke Kozawa,
    "Efficient Position Estimation based on GPU-Accelerated Content-based Image Retrieval",
    Journal of Mobile Multimedia (JMM) , Vol.14,Iss.2,pp.197-230, April 2018.
  5. Masafumi Oyamada, Jianquan Liu, Shinji Ito, Kazuyo Narita, Takuya Araki, Hiroyuki Kitagawa,
    "Compressed Vector Set: A Fast and Space-Efficient Data Mining Framework",
    Journal of Information Processing , Vol.26, pp. 416-426, 2018.
    DOI: https://doi.org/10.2197/ipsjjip.26.416.
  6. Salman Ahmed Shaikh, Yousuke Watanabe, Yan Wang, and Hiroyuki Kitagawa,
    "Smart Scheme: An Efficient Query Execution Scheme for Event-driven Stream Processing",
    Knowledge and Information Systems, Springer , April 2018 (Published online) (Impact Factor 2.004).
  7. Yuyang Dong, Hanxiong Chen, Jeffery Xu Yu, Kazutaka Furuse and Hiroyuki Kitagawa,
    "Weighted Aggregate Reverse Rank Queries",
    ACM Transactions on Spatial Algorithms and Systems (TSAS) , Volume 4 Issue 2, 5:1-5:23, 2018.
  8. Yuyang Dong, Hanxiong Chen, Kazutaka Furuse, Hiroyuki Kitagawa,
    "Bound-and-filter Framework for Aggregate Reverse Rank Queries",
    Transactions on Large-Scale Data and Knowledge-Centered Systems. Special Issue on Database and Expert Systems Applications (TLDKS) , pp. (to appear), 2018.


国際会議論文

  1. Hiroyoshi Ito, Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa,
    "Network-Word Embedding for Dynamic Text Attributed Networks",
    Proc. Sixth International Workshop on Semantic Computing for Social Networks and Organization Science with Twelfth IEEE ICSC (SCSN 2018) , pp.334-339, Laguna Hills, USA, January 31-Feburary 2, 2018.
  2. Hiroyoshi Ito, Takahiro Komamizu, Toshiyuki Amagasa, Hiroyuki Kitagawa,
    "Community Detection and Correlated Attribute Cluster Analysis on Multi-Attributed Graphs",
    Proc. 2nd International Workshop on Data Analytics Solutions for Real-Life Applications with 21st EDBT/ICDT Joint Conference (DARLI-AP 2018) , pp.2-9, Vienna, Austria, March 26-29, 2018.
  3. Shuta Nakamae, Wataru Sakamoto, Tetsuya Negishi, Shuhei Goto, Buntarou Shizuki, Chiemi Watanabe, and Toshiyuki Amagasa,
    "A Development of Participatory Sensing System for Foreign Visitors in PBL",
    Proc. 10th Asian Conference on Intelligent Information and Database Systems (ACIIDS 2018) , Dong Hoi City, Vietnam, March 19-21, 2018 (to appear).
  4. Hiroaki Shiokawa, Tomokatsu Takahashi and Hiroyuki Kitagawa,
    "ScaleSCAN: Scalable Density-based Graph Clustering",
    Proc. 29th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2018) , pp.18-34, Regensburg, Germany, September 2018 (Acceptance rate 21 %).
  5. Kenta Sugano, Toshiyuki Amagasa and Hiroyuki Kitagawa,
    "Approximate Set Similarity Join using Many-core Processors",
    Proc. 29th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2018) (Short Paper), pp.214-222, Regensburg, Germany, September 2018 (Acceptance rate 32 %).
  6. Kotaro Yamazaki, Tomoki Sato, Hiroaki Shiokawa and Hiroyuki Kitagawa,
    "Fast Algorithm for Integrating Clustering with Ranking on Heterogeneous Graphs",
    Proc. 20th International Conference on Information Integration and Web-based Applications and Services (iiWAS 2018) , Yogyakarta, Indonesia, November 2018. (to appear).
  7. Tomohiro Matsushita, Hiroaki Shiokawa and Hiroyuki Kitagawa,
    "C-AP: Cell-based Algorithm for Efficient Affinity Propagation",
    Proc. 20th International Conference on Information Integration and Web-based Applications and Services (iiWAS 2018) , Yogyakarta, Indonesia, November 2018. (to appear).
  8. Hiroaki Shiokawa and Yasunori Futamura,
    "Graph Clustering via Cohesiveness-aware Vector Partitioning",
    Proc. 20th International Conference on Information Integration and Web-based Applications and Services (iiWAS 2018) , Yogyakarta, Indonesia, November 2018. (to appear).


国際会議ポスター・デモ論文

  1. Tomoki Sato, Hiroaki Shiokawa, Yuto Yamaguchi, Hiroyuki Kitagawa,
    "FORank: Fast ObjectRank for Large Heterogeneous Graphs",
    In Companion Proceedings of the The Web Conference 2018 (WWW 2018) , pp.103-104, Lyon, France, April 23-27, 2018 (Acceptance rate 35 %).


査読付国内会議論文

  1. 米内 裕史, 早瀬 康裕, 北川 博之,
    "メソッド呼び出し関係に基づくメソッド名の予測",
    ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム 2018 (SES-2018) , (to appear), 2018年9月5日-2018年9月7日.


学会発表

  1. Shaikh Salman Ahmed, Kitagawa Hiroyuki,
    "Smart Distributed Query Execution for Event-driven Stream Processing",
    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018) , I3-1, 2018年3月4日〜3月6日.
  2. 伊藤 寛祥,駒水 孝裕,天笠 俊之,北川 博之, (優秀インタラクティブ賞)
    "ノードがテキスト情報を持つ動的ネットワークにおけるノードと単語の分散表現学習",
    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018) , A1-1, 2018年3月4日〜3月6日.
  3. 秋山 賢人, 渡辺 知恵美, 北川 博之, (学生プレゼンテーション賞)
    "秘匿検索フレームワークOSITを利用したデータ提供サービス",
    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018) , F7-1, 2018年3月4日〜3月6日.
  4. 草村 優太,天笠 俊之,北川 博之,小澤 佑介, (学生プレゼンテーション賞)
    "GPUを用いた類似画像検索による歩行者位置推定の高速化",
    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018) , I2-5, 2018年3月4日〜3月6日.
  5. 高橋 知克, 塩川 浩昭, 北川 博之,
    "Intel Xeon PhiによるSCANクラスタリングの分散並列化",
    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018) , H6-1, 2018年3月4日〜3月6日.
  6. 長城 沙樹, 北川 博之, (学生プレゼンテーション賞, 最優秀インタラクティブ賞)
    "時系列文書に対する効率的なエンティティリンキング",
    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018) , C1-6, 2018年3月4日〜3月6日.
  7. 中川 真史,山口 祐人,北川 博之,
    "フォローを用いた特定地域から発信されたツイートの効率的な収集",
    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018) , B3-3, 2018年3月4日〜3月6日.
  8. 佐藤 朋紀,塩川 浩昭,北川 博之, (学生プレゼンテーション賞, 優秀論文賞)
    "選択的重要度先読みを用いたObjectRankの高速化",
    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018) , I7-5, 2018年3月4日〜3月6日.
  9. 菅野 健太,天笠 俊之,北川 博之,
    "メニーコアプロセッサを用いた大規模な集合間類似結合の高速化",
    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018) , H6-2, 2018年3月4日〜3月6日.
  10. 那須 勇弥,中挾 晃介,北川 博之,
    "シーケンスOLAPにおけるパターン拡張問合せ手法の提案",
    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018) , E1-5, 2018年3月4日〜3月6日.
  11. 松下 朋弘, 塩川 浩昭, 北川 博之,
    "セル分割によるAffinity Propagationの高速化",
    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018) , F4-5, 2018年3月4日〜3月6日.
  12. 山部 剛士, 堀江 和正, 塩川 浩昭, 柳沢 正史, 北川 博之,
    "ディープラーニングによる脳波/筋電データを用いたマウスの睡眠ステージ判定",
    第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2018) , C3-5, 2018年3月4日〜3月6日.
  13. 住谷 雄樹, 堀江 和正, 塩川 浩昭, 北川 博之,
    "生体データ解析におけるGANを用いたデータ処理",
    情報処理学会第80回全国大会 (IPSJ全国大会 2018) , 2018年3月13日〜3月15日.
  14. 中川 遼太郎 塩川 浩昭 北川 博之, (学生奨励賞)
    "予測分析を可能とするストリームOLAP分析フレームワーク",
    情報処理学会第80回全国大会 (IPSJ全国大会 2018) , 2018年3月13日〜3月15日.
  15. 仁木 美来, 天笠 俊之, 駒水 孝裕, 北川 博之,
    "グラフ集約に基づくRDFデータに対するOLAP分析",
    情報処理学会第80回全国大会 (IPSJ全国大会 2018) , 2018年3月13日〜3月15日.
  16. 山崎 耕太郎, 佐藤 朋紀, 塩川 浩昭, 北川 博之, (学生奨励賞)
    "大規模グラフに対する逐次的なノードの枝刈りを用いたRankClusの高速化",
    情報処理学会第80回全国大会 (IPSJ全国大会 2018) , 2018年3月13日〜3月15日.
  17. 米内 裕史, 早瀬 康裕, 北川 博之, (学生奨励賞)
    "コールグラフに基づくメソッド名の分散表現の獲得",
    情報処理学会第80回全国大会 (IPSJ全国大会 2018) , 2018年3月13日〜3月15日.
  18. Masafumi Oyamada, Jianquan Liu, Shinji Ito, Kazuyo Narita, Takuya Araki, Hiroyuki Kitagawa, (優秀論文賞)
    "Compressed Vector Set: A Fast and Space-Efficient Data Mining Framework",
    第11回Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2018) , 2018年9月12日
    (発表内容は学術雑誌論文 Journal of Information Processing , Vol.26, pp.416-426, 2018と同様).
  19. Yuyang Dong, Hanxiong Chen, Hiroyuki Kitagawa,
    "Monitoring Dynamic Spatial Keyword Data",
    iDB特別セッション, 第11回Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2018) , 2018年9月12日.
  20. 安坂 祐紀, 渡辺 知恵美, 天笠 俊之, 北川 博之,
    "プライバシーを考慮したブロックチェーンの取引者間事前合意プロトコル",
    コンピュータセキュリティシンポジウム2018 (CSS 2018) , 3B3-2, 2018年10月22日〜10月25日.


招待講演・パネリスト

  1. Hiroyuki Kitagawa,
    "Towards Ubiquitous Big Data Analytics and Management: Research Issues and Challenges",
    The 6th International Conference on Big Data Applications and Services (BIGDAS2018) (Keynote Talk) , Zhengzhou, China, August 20, 2018.
  2. Hiroyuki Kitagawa,
    "Machine Learning Approach to Automated Sleep Stage Analysis",
    The 10th Symposium on Discovery, Fusion, Creation of New Knowledge by Multidisciplinary Computational Sciences (Invited Talk) , University of Tsukuba, Japan, October 16, 2018.



論文リストに戻る
トップページに戻る