研究室概要

ビッグデータ分析やAIに注目が集まり,それらを背景にしたデータ駆動型社会の実現が期待されています.知識・データ工学(KDE)研究室では,ビッグデータ利活用のためのデータ工学及び関連分野の基盤技術に関する研究開発に取り組んでいます.また,計算科学研究センター(CCS),人工知能科学センター(C-AIR),国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)において,サイエンスや医学分野と連携した研究開発を行なっています.

お知らせ

一覧へ
2021/9/30情報処理学会 2021年度山下記念研究賞受賞
2021年3月1日〜2日開催の,第207回ソフトウェア工学研究発表会での下記の論文発表について,山中仁斗氏が情報処理学会2021年度山下記念研究賞を受賞いたしました.
山中 仁斗, 早瀬 康裕, 天笠 俊之 ,
“メソッド抽出リファクタリング推薦手法に対するメソッド名予測を用いた精度改善の試み” ,
https://www.ipsj.or.jp/award/yamasita2021-detail.html
2021/4/29-4/30FICC2021 Best Paper Award 受賞
Future of Information and Communication Conference (FICC) 2021において,以下の論文がBest Paper Awardを受賞いたしました.
Hayata Takagi, Hanxiong Chen, Kazutaka Furuse, and Hiroyuki Kitagawa,
"Aggregate Nearest Neighborhood Queries",
Proc. Future of Information and Communication Conference (FICC) 2021, April 29-30, 2021.
2020/10/26-10/29PWS Cup 2020(匿名メンバシップ推定コンテスト)匿名化部門2位を獲得
2020年10月26-29日に開催されたPWS Cup 2020(匿名メンバシップ推定コンテスト,コンピュータセキュリティシンポジウム2020併設)において, 石原詢大君,渡辺知恵美准教授(KDE協力教員)のチーム「天然水」が,匿名化部門で2位を獲得しました.
PWS Cup 2020

アクセス